専門学校に行って製菓やカフェについて学び知識や技術を習得しよう

考える人

やりたいことを見つける

皮を剥く男性

料理に関する職業に就くためには、まず料理が学べる専門学校へ行って勉強を行う必要があります。専門学校では、料理の知識や技術が学べるだけでなく、就職に有利な資格を習得することもできます。

» 詳しく見る

職人になるために

調理中

誕生日では、必ずケーキを食べます。ケーキは元々ヨーロッパで作られたお菓子です。しかし、最近では、日本は欧米化が進んでおり、食べるものも昔に比べたら変わってきています。そのため、外国で作られている洋菓子などが日本に伝えられて日本でも作られるようになりました。洋菓子は甘くて美味しいものばかりです。それを作る職人に憧れてパティシエを目指す人も沢山います。そのため、製菓の専門学校へ行きお菓子の作り方を学ぶ人も多いのです。

専門学校の主なカリキュラム内容では、洋菓子の作り方はもちろんですが、洋菓子に必要な器具の扱い方やどのように仕上げたらより綺麗になるのかなどを実技で学びます。また実技以外にも、学問では店舗マネジメントや栄養学などが学べるのです。このように様々なことを学ぶことで技術や知識を取得することができます。専門学校では、洋菓子の他にも和菓子やパンなど様々な分野を学べます。そのため、パン職人や和菓子職人を目指している人でも、通うことができます。また、分野がしっかり分かれているため、そこだけに特化した技術を取得できます。また、製菓について本格的に学びたいと言う人のために、留学制度も設けられており本場のフランスなどに言って勉強ができるため、留学を希望する人も多いです。入学金は、25万円程であり、他にも授業料や実習費などかかります。しかし、学校によって入学金や授業料、実習費などの金額は異なるため、学校を決める際には、学費を調べてから探すのがよいでしょう。

技術やスキルを高める

勉強中の女性

カフェは、ゆったりしていてオシャレなイメージを持っている人が多いです。そのため、オシャレな場所で働きたいとしてカフェは人気です。現在では、カフェに関するスクールもあり、そこでは技術やスキルを学ぶことができます。

» 詳しく見る

コーヒーに関してのプロ

厨房

バリスタは、コーヒーのことを何でも知っているプロのことです。バリスタになるためには、スクールに通って知識や技術を学ぶ必要があります。現在では、バリスタの資格もあるため、スクールで学んで資格を得る人も多いです。

» 詳しく見る